お問い合わせ お気軽にお問い合わせください

無料体験実施中 この機会に一度ご体験ください

合格体験記

「先生のお力添えがなければ勝ち取れなかった合格だと思っています!」

稲木瑞花さんの写真

藤安 雄治
筑波大学医学群医学類
2年次学士編入合格

詳細へ

「いつも私を信じて励ましてくれる先生がいたからこそ最後まで頑張ってこられたのだと思います。」

稲木瑞花さんの写真

稲木 瑞花
酪農学園大学獣医学科
2年次学士編入合格

詳細へ

「私が納得するまでじっくりと説明をして頂き、このやり取りが合格へ繋がったと思っています!」

関本信彰さんの写真

関本 信二
帯広畜産大学獣医学部
学士編入合格
<国立大水産学部卒>

詳細へ

「物理化学に重点を置いたことが合格に結びつきました。」

福元 拓郎さんの写真

福元 拓郎
大分大学医学部医学科学士編入試験合格
鹿児島大学医学部医学
科学士編入試験合格
<国立大農学部卒>

詳細へ

「同じ立場の仲間に寺子屋で出会うことができ、とても心強かったです。」

岸田 季之さんの写真

土井 寛大
日本獣医生命科学
大学合格
<米国州立大卒>

詳細へ

「実践的な思考力を養うことができました!」

岸田 季之さんの写真

岸田 季之
日本大学医学部合格

詳細へ

「自分なりの勉強法も考えられるようになりました!」

酒巻 泰洋さんの写真

酒巻 泰洋
東邦大学薬学部合格

詳細へ

「多くの信頼でき、親切な友人がたくさんいました」

斉藤 大幹さんの写真

斉藤 大幹
帝京大学医学部合格

詳細へ

「生徒の長所・短所を見極め、軌道修正をしてくれます」

小澤 秀浩さんの写真

小澤 秀浩
杏林大学医学部合格

詳細へ

「精神的な面でもかなり支えになりました!」

鈴木佳奈子さんの写真

鈴木 佳奈子
麻布大学獣医学科学士編入合格
<私大音大出身>

詳細へ

「自分の頭で考える本当の学力が身につきました」

植木愛さんの写真

植木 愛
富山大学医学部学士編入合格
<私大政治学科出身>

詳細へ

「短期間で偏差値が急上昇しました!」
安東泰希(現役生)
順天堂大学医学部合格
日本医科大学合格

詳細へ

「生物の本当の楽しさがわかって5浪解消!」

西田 真さんの写真

西田 真(5浪)
聖マリアンナ医科大学合格

詳細へ

「どうしても今年合格したいから、寺子屋Medicoに決めました。」

南林 慶子さんの写真

南林 慶子
北里大学獣医学部合格
<国立理学部出身>

詳細へ

教室案内

寺子屋Medico
〒104-0052
東京都中央区月島4-7-13 101号
TEL/FAX 03-6220-0106

東京メトロ有楽町線「月島駅」
都営大江戸線「月島駅」
ともに徒歩10分

鞠子英雄が語る『医学部学士編入の真実』と大学入学後の現実

  • 「生命科学」イコール生物学ではない
  • 文科系出身者の受験においてはマンツーマンでないと合格が厳しい。
  • 大学入学後も留年が待ち構えている。
「生命科学」イコール生物学ではない
皆さん、次の質問が解けますか?
実際に過去出題された数学と物理の複合問題です。
このような問題が解けるか解けないかで、学士編入の合否がはっきりと分かれてきます。
寺子屋Medicoでは、苦手意識のある方が多い数学、物理の複合問題でも難なく解けるよう、徹底的に指導していきます!
冷却の速度は死体各個の環境などの条件により異なるが、同一の死体を一定条件で保存できた場合、死後経過時間と死体温の間には一定の関係があり、死後経過時間の推定に応用する試みがなされてきた。その1つにニュートンの冷却の法則に従った指数曲線がある。この法則によれば、体温をT、外気温をTm、時間をtとする以下の方程式が成立する。

dT/dt=-k(T-Tm)

t=0で、死亡時の体温をT=T0としてこの方程式を解き、以下の事例の死亡推定時刻を求めよ(分の単位までとし、秒は不要)。なお、tの単位は時間(hour)とし、必要に応じて、を用いる
こと。

死体(大人)発見時刻  午後9時30分
午後10時00分の死体温  摂氏33.0度
午後11時00分の死体温  摂氏32.3度

なお、大人の平均体温は摂氏36.5度とし、死体発見場所は摂氏20.0度に保たれた室内で、温度変化はないものとする。
文科系出身者の受験においてはマンツーマンでないと合格が厳しい。


生命科学だけでこんなに勉強をします

当塾へ入会した文科系出身者(有名私大出身)で英語がよくできていても、出題された科学論文は読みこなすことができない。それは生命科学の基礎が欠如しているので内容が掴めないからである。生命科学の出題分野は生理生化学、分子生物学が大半で、きちんと勉強するにはマンツーマンでないとポイントが掴めず理解困難。大手予備校のテキストは理科系出身者を対象に作成されているので、授業についていくのはとても厳しいのが現状。
当塾には、そうした方々がかなり数多く訪れる。DVDをみせ、これで基礎ができ、あとは授業をうければ合格だというのは全くの幻想です。
適正検査と英語で合格しても留年が待ち構えている。
医学部基礎過程の授業は(1)で触れた数学、物理が分からないと理解できない。生理生化学が重点的に行なわれるが、仮に運良く合格してもそれらの大学の授業についていくのは至難の業である。
大学の授業はプリントを配布し、自分で勉強せよと半ば学生を放任しているのが現状です。
実際、現在某私立大学の医学部の学生をマンツーマンで教えていますが、医学部の授業はレベルが相当高いと思われます。
当塾では、医・歯・薬・獣の大学に入学した学生に生化学・物理化学・確率統計学・生理学等、
1・2年の基礎課程で必須となる科目をマンツーマンで教えています。
彼らは進級した後に(補講を受けていなかったらほぼ留年したに違いない)と異口同音に言っています。
スローガン


医学部学士編入の伝道師

医学部合格への王道は長く険しい。
そこにファンタジーも魔法もない。
本気で努力する貴方にメディコは全力で応援します。
さあ、一緒に頑張りましょう!